カテゴリー
ランニング・運動 治療院について 鍼灸マッサージ

老化予防3 運動

こんにちわ 

いつもご覧いただきありがとうございます。
本日は 「運動」 についてです。

表紙の写真は治療に来てくれた患者さんが走って帰っていく後ろ姿です。

忙しい仕事をこなし、家庭を持って運動して体にも気をつけていて尊敬しています。

健康維持増進のために運動!!

と気合を入れても

上手くいかない時

おすすめの運動をやろうとしても体がついてこない時

経験ある人も多いのではと思います。

そんな時は運動の「種類」「負荷」「頻度」

やメディカル的課題のクリアなど

色々なステップを焦らずクリアすることで

一般的健康増進運動へつなげるように進むことが大切です。

「痛みがあるけど、健康のために運動頑張っています」

「寝たきりになっては困ると始めた運動で腰を痛めた」

などによる無理をした結果 安静期間が伸びてしまい 

結果的に筋肉量の低下や機能低下が起こる事があります。

運動不足が続いた時は、ストレッチ時間の確保から体を馴染ませて、有酸素運動を取り入れ、筋トレに入るよう気をつけてみましょう。

皆さんも健康に運動楽しんでください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

カテゴリー
ランニング・運動 治療院について 鍼灸マッサージ

老化予防2 いつから老化?

こんにちわいつもご覧いただきありがとうございます。
本日は 「いつから老化」についてです。

さてさて

ここでの老化とはなんでしょうか?

老化にも色々種類があるかともいますが、、、

今回のお話は体の老化は身体機能面(筋肉量や機能)になります。

疾患や事故などに起因しない老化現象で、程度の差はあれど全ての人に起こることを「老化」とします。Byサルコペニア

一般的に筋肉量の減少は35歳から40歳から始まります。

出産の経験や職業、生活環境など社会的要因も大きく左右しますが、多くの人は40歳から急激な筋肉量の減少に悩まされています。

部位別で見ると

「大腿四頭筋」

「腹直筋」

この2つの筋肉量 機能の低下が目立つようです。

35歳を過ぎたら適度な運動習慣の継続や再獲得が老後の一番の準備となるかもしれません。

実施種目としてはスクワットを中心に数種目を10分から15分と適度なウォーキング20分ほどを週2日から3日が理想的なボリュームでしょうか?

症状や身体状況に合わせた運動処方 の相談は健康運動指導士に相談もお勧めです。 ウィステリアでは治療と合わせて運動のご相談もしております。 

痛みの治療から

リハビリ

生活復帰

スポーツ復帰まで状況に合わせて施術するように心がけております。

運動の効果は素晴らしく、何歳から筋トレや運動を始めても「筋肉量増加」や「運動機能の向上」は可能という嬉しい報告もあります! 二十歳のバリバリ動いていた頃に戻れるかというと語弊がありますが、、、

自分の体の必要な運動要素を理解して、必要なタイミングに負荷を入れてあげることで無理せず怪我せず健康生活に繋げていきたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

カテゴリー
ランニング・運動 鍼灸マッサージ

老化予防1 サルコペニア

こんにちわいつもご覧いただきありがとうございます。
本日は  老化(サルコペニア)についてです。

1989年アメリカの研究者 

ローゼンバーグさんが命名した

「サルコペニア」という言葉

ご存知でしょうか?

ギリシャ語で

筋肉を意味する「sarx」

減少を意味する「penia」

ふたつを組み合わせの言葉です。

「加齢による筋肉量の減少」という状況に

「サルコペニア」という造語を作って

ローゼンバーグさんが定義しました。

現在では「加齢による機能低下」という意味も含まれるようになりました。

「フレイル体操」や「ロコモ予防」など現在工夫されている健康維持増進 介護予防運動 なども基本となる考えですね。

健康維持増進は機能低下と戦いであるといえます。

そんな戦いの手助けになればと鍼灸マッサージ施術、

など活動しております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回は「いつから老化が始まるか」についてです。

カテゴリー
鍼灸マッサージ

はりきゅう適応症

はり灸施術の適応症といわれているものは以下のようにたくさんあります。近年ではエビデンスも増えています。 運動器疾患系は加藤特に得意な分野となります。

また体の疲労をとることでいろいろな症状を緩和させる対症療法としての面もあります。

神経系神経痛(三叉、肋間、坐骨など)、頭痛、歯痛、ヘルペス、顔面神経麻痺、しびれなど
運動器系五十肩、むち打ち症、頸肩腕症候群、腰痛症、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、関節炎、リウマチ、肩こり、寝ちがい、筋肉痛、捻挫、テニス肘、腱鞘炎など
消化器系胃炎、胃下垂症、胃酸過多症、胃痙攣、胃・十二指腸潰瘍、口内炎、慢性肝炎、胆石症、慢性腸炎、便秘、下痢、痔疾など
循環器系高血圧症、低血圧症、心臓神経症、動悸、浮腫、冷え性など
内分泌系糖尿病、甲状腺機能障害、痛風など
呼吸器系風邪、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、喘息、咳など
泌尿器系慢性腎炎、膀胱炎、ネフローゼ、前立腺肥大など
感覚器系眼精疲労、仮性近視、白内障、鼻炎、副鼻腔炎、耳鳴り、メニエール症候群、めまいなど
婦人科系生理痛、月経異常、乳腺症、更年期障害、冷え、のぼせ、つわりなど
小児科系小児喘息、夜尿症、夜泣き、かんの虫、消化不良、虚弱など
その他自律神経失調、不眠症、ストレス性疾患、心身症、アレルギー、アトピー性皮膚炎、慢性疲労、成人病の予防など
公益社団法人 東京都鍼灸師会 HP引用 いいサイトだったので引用させていただきましたが、加藤は上記会員ではありません。すみません。

カテゴリー
ランニング・運動 学術紹介 治療院について 鍼灸マッサージ

互助会券

ウィステリアは行政と連携しており割引施術券をご利用になれます。

https://saitama-sams.or.jp/admission/coupon/

マッサージ・鍼・灸 割引施術券は、埼玉県内の教職員及び県職員、埼玉県市町村職員共済組合の方々が使用できる割引施術券です。

施術の際、対象となる方はぜひご利用ください。

カテゴリー
治療院について 鍼灸マッサージ

国家資格

ウィステリアは国家資格を持った施術者による施術を大切にしています。

国家資格は以下3つに分かれております。

文部科学省と厚生労働省認可 大学、専門学校に4年、3年通い国家試験を突破して資格を獲得しました。

加藤は帝京平成大学https://www.thu.ac.jp/ 日本指圧専門学校https://www.shiatsu.ac.jp/ に通学していました。

以下は免許証です。

はり師

きゅう師

あん摩・マッサージ・指圧師

カテゴリー
治療院について 鍼灸マッサージ

療養費改定の知らせ

医療機関の皆様へ