カテゴリー
ランニング・運動 鍼灸マッサージ

老化予防1 サルコペニア

こんにちわいつもご覧いただきありがとうございます。
本日は  老化(サルコペニア)についてです。

1989年アメリカの研究者 

ローゼンバーグさんが命名した

「サルコペニア」という言葉

ご存知でしょうか?

ギリシャ語で

筋肉を意味する「sarx」

減少を意味する「penia」

ふたつを組み合わせの言葉です。

「加齢による筋肉量の減少」という状況に

「サルコペニア」という造語を作って

ローゼンバーグさんが定義しました。

現在では「加齢による機能低下」という意味も含まれるようになりました。

「フレイル体操」や「ロコモ予防」など現在工夫されている健康維持増進 介護予防運動 なども基本となる考えですね。

健康維持増進は機能低下と戦いであるといえます。

そんな戦いの手助けになればと鍼灸マッサージ施術、

など活動しております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回は「いつから老化が始まるか」についてです。

カテゴリー
鍼灸マッサージ

はりきゅう適応症

はり灸施術の適応症といわれているものは以下のようにたくさんあります。近年ではエビデンスも増えています。 運動器疾患系は加藤特に得意な分野となります。

また体の疲労をとることでいろいろな症状を緩和させる対症療法としての面もあります。

神経系神経痛(三叉、肋間、坐骨など)、頭痛、歯痛、ヘルペス、顔面神経麻痺、しびれなど
運動器系五十肩、むち打ち症、頸肩腕症候群、腰痛症、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、関節炎、リウマチ、肩こり、寝ちがい、筋肉痛、捻挫、テニス肘、腱鞘炎など
消化器系胃炎、胃下垂症、胃酸過多症、胃痙攣、胃・十二指腸潰瘍、口内炎、慢性肝炎、胆石症、慢性腸炎、便秘、下痢、痔疾など
循環器系高血圧症、低血圧症、心臓神経症、動悸、浮腫、冷え性など
内分泌系糖尿病、甲状腺機能障害、痛風など
呼吸器系風邪、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、喘息、咳など
泌尿器系慢性腎炎、膀胱炎、ネフローゼ、前立腺肥大など
感覚器系眼精疲労、仮性近視、白内障、鼻炎、副鼻腔炎、耳鳴り、メニエール症候群、めまいなど
婦人科系生理痛、月経異常、乳腺症、更年期障害、冷え、のぼせ、つわりなど
小児科系小児喘息、夜尿症、夜泣き、かんの虫、消化不良、虚弱など
その他自律神経失調、不眠症、ストレス性疾患、心身症、アレルギー、アトピー性皮膚炎、慢性疲労、成人病の予防など
公益社団法人 東京都鍼灸師会 HP引用 いいサイトだったので引用させていただきましたが、加藤は上記会員ではありません。すみません。

カテゴリー
学術紹介

疼痛治療参考サイト IASP

https://www.iasp-pain.org

カテゴリー
治療院について 鍼灸マッサージ

国家資格

ウィステリアは国家資格を持った施術者による施術を大切にしています。

国家資格は以下3つに分かれております。

文部科学省と厚生労働省認可 大学、専門学校に4年、3年通い国家試験を突破して資格を獲得しました。

加藤は帝京平成大学https://www.thu.ac.jp/ 日本指圧専門学校https://www.shiatsu.ac.jp/ に通学していました。

以下は免許証です。

はり師

きゅう師

あん摩・マッサージ・指圧師

カテゴリー
治療院について

所属 公益社団法人

こんにちわ 

ウィステリア代表の加藤です。

ウィステリアが所属します公益社団法人埼玉県鍼灸マッサージ師会https://saitama-sams.or.jp/をご紹介します。

昭和52年社団法人と認可され平成25年公益社団法人を取得。

事業活動としましては、公益活動を通して公衆衛生並びに県民の健康維持・増進の向上を目的とし、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師として資質向上のため研修及び普及啓蒙活動などを行っている団体です。「治療院を探す」https://saitama-sams.or.jp/member/ページの桶川市欄にウィステリアも掲載いただいております。

カテゴリー
ランニング・運動

休止のご連絡

川越水上公園 フィットネスクラブと行っている健康事業「川越水上公園ランニング教室」は施設休止に伴いお休みとなります。

http://www.parks.or.jp/kawagoesuijo/important/001/001643.html

健康寿命を延ばすための基礎である運動習慣をランニングを通して伝える教室でしたが、コロナウィルス感染拡大に伴い

令和3年 1月8日から2月7日の期間は開催いたしません。

次回の予定は緊急事態宣言が明け次第、川越市、水上公園の方と相談してまいります。

教室はお休みになりますが、適度な運動は免疫力を高め上気道感染症、などウィルス疾患から体を守るために大切な要素の一つです。 手洗い、うがい、マスクとソーシャルディスタンス、、フィジカルディスタンスをとり体調に気を付けてお過ごしください。